地下鉄御陵駅歩いて3分の
小さなリノベーション平屋

Yamashina-ku, Kyoto

地下鉄御陵駅歩いて3分の
小さなリノベーション平屋

Status
成約済
Address
京都市山科区
Access
地下鉄/御陵駅・徒歩約3分

地下鉄駅を出て山手に向かって坂道を上った先の、小さな町並みの一角に建つ平屋のリノベーション住宅。

小高い山の上には昭和期の邸宅が並び、レトロでちょっと素敵な雰囲気が漂っています。ほどよい距離感を保ちつつ並ぶ家々は、小さなお庭をそれぞれ大切そうに抱えていて、道路はゆったりした幅があるのに路上駐車もなく、周囲には3階建もマンションも建っていないため、視界の低い位置に山並みが見え、空が広く感じられます。

建物は南東角地で日当たりが良く、庭はゆったりと取られており、植えられて数十年は経ちそうな立派な庭木が町並みに自然に溶け込みます。中古住宅は、長年育ってきた庭の木々をそのまま受け継ぐことができるのが嬉しいところ。この場所に合わせて育ってきた木々は、毎年変わることなく花をつけ、新緑や落葉など日々に小さな幸せを運んでくれます。

お庭は部屋の内側から、窓辺に腰かけて、ダイニングの椅子やお気に入りのソファに座って、など好きな場所から眺めることができます。実際に縁側に座ってみると、暮らしと外との距離がとても近く感じられます。ベッドの横に庭、ダイニングの向こうに空...。これは平屋の暮らしならではの喜びではないでしょうか。木製の古い窓の奥には遠く山並みを望み、いつまで眺めていても飽きない景色。休みの日は鳥の声を聞きながら読書など、静かな時間を楽しめそうです。

古い材と新しい材の色や素材の組み合わせ方は、リノベーションでは悩ましいところの1つ。この物件では新しい材は無理に塗装せず、素材色のまま使われています。天井に見せた力強い構造材も、かわいらしいこの家の雰囲気と絶妙にマッチしていて、肩の力が抜けた自然体な雰囲気がとても居心地がいいです。

また、塗装しないことで古い柱がなどが丁寧に補修されている様子がよくわかるので、きっと目で見てご安心いただけることと思います。建物はこのような見える部分だけでなく、見えない構造部分も、大工さんが真心を込めて補修を行っています。

デザインには、この家が刻んできた歴史を感じる古く味わい深いものが可能な限り残されています。例えば鍵をクルクルと回して窓を閉めたり、ガタガタと木製の雨戸を閉めたり、日々のちょっとした手間が暮らしを楽しむきっかけとなります。ゆったりとした時間が流れるこの家に暮らせば、自然に時間の使い方や考え方が変わっていきそうです。

1人暮らしの女性や、「山科区は考えていなかった」という方にもぜひおすすめしたいイエヤとっておきの素敵なリノベーション住宅。地下鉄駅が近いので、ご見学だけでもいかがでしょうか?