麩屋町二条(御所南)の京町家

Nakagyo-ku, Kyoto

麩屋町二条(御所南)の京町家

Status
成約済
Address
京都市中京区
Access
地下鉄烏丸線/丸太町駅・徒歩約9分
地下鉄東西線/市役所前駅・徒歩約7分(9番連絡口)・9分(3番出入口)
地下鉄烏丸線・東西線/御池駅・徒歩約12分
京阪電車/神宮丸太町駅・徒歩約12分

京都御苑(御所)の南側にあるこのエリアは、京都でも指折りの閑静な住宅街、かつ有数の商業地。ゆったりと広い道路の両側に大きな町家が並び、その間に洗練された飲食店が見られる落ち着いた雰囲気の町だ。緑に覆われた御所が近所にあることから、朝夕は澄んだ空気を感じることができ、都心に居ながらにして心地いい住環境が整っている。

建物は大正元年に建築された(築106年)深い歴史を持つものでそのほとんど全てが建築当初のまま残されている。外観には今では珍しい漆喰の虫籠窓、一文字の瓦には小さな鍾馗が座り、この家を邪気から守っている。100年以上前から屋根の上でずっとにらみを利かせているのかと思うとなんだかとても愛おしい。

玄関を開けると、淡い光に照らし出された土間が奥へと延びる。ところどころに石が埋め込まれ、ヒビや欠けもある土間は、均一に整った現代の土間とは比べものにならないほどに深い味わいを感じさせる。

上部を見上げると、そこには巨大な火袋が圧巻の風景を作り出している。窓からの陽射しがひんやりとした土間をおだやかに照らし出す風景は、とても幻想的だ。この吹き抜けは、ぜひリビングに取り込んだり、そのままの良さを残してキッチンに変更したり、(土間には改装で床暖房も施工可能だ)階段室やホール、ライブラリ―に転用して活用して欲しい。

室内に光をもたらす広い庭にはシンボルにもなる大きな木がある。春は木陰で朝食をとったり、庭に家庭菜園を作って四季の行事を楽しみながら暮らすのも素敵だ。

本件は住まいとしての利用方法のほか、利便性の良さ、建物の歴史的価値からセカンドハウスやオフィス、飲食店、宿泊施設としても使えるポテンシャルの高さが特徴でもある。様々な用途に転用しやすく、保有資産という側面からもおすすめだ。