鹿ケ谷の近代和風建築

Sakyo-ku

鹿ケ谷の近代和風建築

Status
成約済
Address
京都市左京区
Access
市バス/上宮ノ前町・徒歩約1分
市バス/真如堂前・徒歩約2分
市バス/錦林車庫前・徒歩約2分

白川通りと哲学の道の間にある鹿ケ谷通りに面したレトロな佇まいの物件。東に比叡の山々を望み、西へ行けば芸術の岡崎エリア。自然とアートを身近に感じながら暮らせる立地の良さは、京都でも指折り。銀閣寺や南禅寺にも近いので、季節ごとに京都らしい情緒を十分に堪能してほしい。

診療所だった建物は、坂になった地形を利用した3階建(地下・1階・2階)の構造になっている。全体的に柱や床の質感がとても重厚で味わい深く、玄関扉を開けた瞬間から魅了される。艶やかなチョコレート色の柱、マットな漆喰壁の白、使い込まれて良い塩梅にエイジングした板間や土間。これらの要素で構成される空間は絶妙の一言。

診療室だった1階の洋室は、出窓からの光が気持ちよく、玄関土間へつづく大きな木建具も印象的。住居として利用するなら、書斎や応接間としてこのまま利用したい。1階奥の畳の間は、南側一面がガラス窓になっているので1日を通じてとても明るい。さらに、傾斜地なので実際は1.5階の高さになり、見晴らしが良いし、外の人の目を気にしなくて良いのも嬉しい。リビングにすると良さそうだ。

2階には、東側と西側に2つの6畳の和室がある。どちらの部屋にも南側には窓があり、明るく暖かい。特に、西側和室の窓はユラユラ硝子の木サッシで、風情がある。床間に季節の花を一輪飾って暮らしの彩にしたい。

玄関奥の階段を降りると、白壁が印象的な広い地下室と離れがある。地下とは言え傾斜地を利用して造られているので、3階建ての1階のようなイメージ。趣味の部屋として使っても良いし、自転車や外で使う道具を収納するガレージとしても良さそうだ。

ロケーションが良く、建物も質感高く情緒がある。そして何より傾斜を利用した建物構造にワクワクさせられるこの物件、ご家族で暮らす住まいとして是非お薦めしたい。