四条駅歩8分、鉾町の3階建町家

Shimogyo-ku

鉾町の3階建町家

Address
京都市下京区油小路仏光寺下る太子山町603
Access
地下鉄烏丸線/四条駅・徒歩約8分
阪急京都線/烏丸駅・徒歩約10分
阪急京都線/大宮駅・徒歩約9分
京福電車/四条大宮駅・徒歩約9分
Price
12,500万円

地下鉄四条駅から歩いて8分、四条烏丸から見て南西のエリア、西洞院仏光寺にある京町家。祇園祭の山鉾を受け継ぐ33町の1つ、太子山町にあり、ご神体が安置される会所に隣接する特別な場所。会所から聞こえる祇園囃子に夏を感じるという、なんとも粋な環境にある。京都の中心である四条烏丸から徒歩圏内にあり、集客に十分な環境でありながらも、いわゆる商業地域のど真ん中でないことが、奥ゆかしい雰囲気を与えている。

建物は大正初期に建てられたもので、京町家の構造に一部軽量鉄骨が組み合わされており、純和風の趣きとは一味違った、独特の雰囲気が漂っている。まるで映画の中にでも入り込んでしまったかのような、不思議な世界観だ。敷地の入口から奥へ入っていくと、シャッター門扉の向こう側に大きくそびえ立つ建物が現れる。

建物は木造の3階建で、最上階には周囲の景色を一望する貴賓室を備えており、さながら天守閣を持つ城郭のような佇まい。京都には数多くの木造建築物が残っているが、3階建の町家の数は極めて少なく、道路から奥へ入った路地の中となると、さらに珍しい。建築された大正の頃は、高層建築物はもちろん、3階建の建築物は少なかったはずで、当時はこの地域のシンボルのような役割を果たしていたに違いない。

建物は3階建のほか、奥に2階建、さらに奥には平家建の大きな工場(※)が建つ、非常に独創性の高い造りになっている。3つの建物は1階部分で繋がっており、それぞれに階段が設けられているのも面白い。

庭を囲むようにして造られた奥の工場は驚くほどの大空間となっていて、窓から望む緑がとても美しく、高い芸術性を感じさせる。この特徴的な形を活かしてリノベーションすれば、縦、横、上下、と立体的で面白い空間が造れそうだ。イベントスペースや商業施設、オフィス、シェアハウスなど、人が集う場所にもぴったりの建物。このユニークな構造を活かし、夢が膨らむリノベーションを提案していただける設計士さんや京町家のエキスパートである工務店さんのご紹介も可能。少しでも興味をもたれたら、まずはいえ屋までご連絡を。

(※)大正時代の頃、湯のし工場として使われていた建物。湯のしとは、反物に蒸気をあてて繊維を均等に伸ばし、整える作業のこと。仕立ての良し悪しに直接影響する重要な工程。

floorplan

間取り図

map

details

建物種
京町家(中古住宅)
敷地面積
466.70㎡
建物面積
1階89.91㎡、2階63.80㎡、物置47.60㎡、便所4.62㎡、合計205.93㎡(約62.29坪)
私道負担
なし
建物構造
木造瓦葺3階+平家建工場
築年月日
不詳(家屋評価調書によると大正1年)
間取り
15K+工場+庭
接道状況
西側の幅約6.9mの公道(油小路通)に約1.6m面す
設備
電気、上下水道、都市ガス
用途地域
商業地域
現況
空家
法令制限
15m第四種高度地区、準防火地域、旧市街地型美観地区、職住共存特別用途地区
引渡し
即時
建ペイ率
80%
容積率
400%
地目
宅地
土地権利
所有権
地勢
平坦
都市計画
市街化区域
小学校
洛央小学校
中学校
下京中学校
取引態様
仲介
備考
建築基準法上の道路に2m以上面していないため、再建築不可となります。