北大路面す元洋裁店の町家

Kita-ku, Kyoto

北大路面す元洋裁店の町家

Address
〒603-8232 京都市北区紫野東野町1
Access
地下鉄烏丸線/北大路駅・徒歩約19分
市バス/建勲神社前・徒歩約2分
Price
2,680万円

大徳寺の向かい、建勲神社前の交差点の角に北大路通に面して建つ京町家。北、東、西の三方が道路に囲まれた立地条件は、店舗にはうってつけだ。

建物は、昭和初期から約50年間、オーダーメイドの洋品店として使われてきた歴史がある。
シャッターを開け、昔懐かしいガラス扉を押して入ると、正面には味わいを帯びた漆喰の壁、クリーム色の床板の上に、同じ色で塗られたガラス戸棚が置かれている。窓際に残された古い金属製のミシンの横には、布張りのマネキンがそっと寄り添い、今も道行く人を眺めている。ショーウィンドウから入る陽射しで、全体がほんのりオレンジ色に染められた室内は、まるで古い外国映画の中に紛れ込んでしまったような雰囲気だ。この空間でどんな洋服が仕立てられていたのだろうかと、想像するだけで胸が高鳴る。

ギシギシと鳴る床の心地よい音を聞きながら進むと、床の突き当りには、ガラスが嵌め込まれた小さなお揃いの板戸が2枚。やや青みがかった白色のドアをそっと開けると、小さな台所が現れる。白色のタイルに包まれたかわいらしいキッチンは、掃除をすれば使えそうな状態の良さだ。

階段を上ると、六角形の一部を切り取ったようなユニークな空間が広がっている。図面上では使いにくそうにも見えるかもしれないが、実によく考えられた間取りだ。古い質感が状態よく残る室内は、細部の凝ったデザインがアクセントになっていて、全体の統一感も美しい。天井には、躍動感のある2本の巨大な昇り梁が存在感を放っている。

古いものが好きとかそうでないとか、もうそんな枠組みを超えて、きっと誰もが惚れ込んでしまうような、圧倒的な世界感。アーチを描いたショーウィンドウや石張りの外観も、ひとつひとつがシンプルな中に個性があり、とても魅力的だ。他にはない佇まいを楽しんで、ぜひ素敵にアレンジして欲しい。

いえ屋からのお願い

嬉しいことに、ご相談が増えております。ゆっくりお話をさせていただくためにも、ご来社の際は、事前にご予約をいただければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

floorplan

間取り図

map

details

建物種
中古住宅
敷地面積
52.28㎡(約15.8坪)
建物面積
現状:1F47.29㎡、2F47.29㎡、延94.58㎡(約28.6坪)
登記簿:1F33.05㎡、2F25.45㎡、延58.50㎡
私道負担
無し
建物構造
木造瓦葺2階建
築年月日
閉鎖登記簿によると昭和11年
間取り
5K
接道状況
東側の幅約10.9mの公道に約3.4m面す
北側の幅約22mの公道に約7.8m面す
西側の幅約3.1mの公道に約10.8m面す
設備
電気、上下水道、都市ガス
用途地域
近隣商業地域
現況
空家
法令制限
準防火、15m第四種高度地区
引渡し
即時
建ペイ率
80%
容積率
300%
地目
宅地
土地権利
所有権
地勢
平坦
都市計画
市街化区域
小学校
紫野小学校
中学校
嘉楽中学校
取引態様
売主
備考
再建築の際は約4.3㎡のセットバックが必要です。
本件は専任で販売をお願いしている業者様があるため、ご購入の際は仲介手数料が必要です。